バケモノの子ネタバレあらすじラストまで!声優・登場人物・グッズ・キャンペーンまとめ


2015年7月11日(土)より、

細田守監督最新作「バケモノの子」の劇場公開がいよいよ始まります!

 

地上波での細田守監督作品連続放送、

さまざまなタイアップやコラボグッズ、キャンペーンがぞくぞく登場し、

ますます映画「バケモノの子」の劇場公開に胸が高鳴るファンも多いのではないでしょうか?

 

最新作「バケモノの子」は人間界である渋谷の街とバケモノ界、2つの世界が舞台です。

人間の世界に居場所を失くした人間の少年がバケモノに拾われ、

まるで父と子のような師弟関係を築いていくなかで成長していく過程が描かれます。

 

「おおかもこどもの雨と雪」で描かれた母と子、

人間とオオカミの世界を連想させるような設定ですが、どのような物語になっているのでしょうか?

 

また細田守監督作品おなじみの俳優・女優による豪華声優陣と、

映画「バケモノの子」が声優初挑戦となる広瀬すずさんの声の演技も楽しみですね。

 

映画「バケモノの子」のラストまでのネタバレを含むあらすじをご紹介するとともに、

映画「バケモノの子」の声優・登場人物とグッズやキャンペーン情報などをまとめてみました!

TOP画像:(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

【スポンサーリンク】

 

映画「バケモノの子」ラストまでのネタバレあらすじのまえに、声優・登場人物をチェック!

スクリーンショット 2015-07-10 14.23.49

画像:(C)2015 THE BOY AND THE BEAST FILM PARTNERS

熊徹(くまてつ)

声:役所広司

バケモノ界「渋天街」で最強を誇り、2本の指に入ると言われている実力の持ち主。

目指している、武道を極めた者の最上位である宗師には弟子がいることが必須条件。

粗暴な性格による不人気から弟子をバケモノ界からとることを諦め、

人間界に身寄りのない九太(蓮)を引き受けた。

 

九太/ (きゅうた/れん)

声:宮崎あおい(少年期)・染谷将太(青年期)

ある事故がきっかけで両親と離れてしまい、途方に暮れていたところを

熊徹に拾われバケモノ界に行くことになる。

熊徹のことを警戒し、蓮という本名を教えなかったため、九太と名付けられ、

バケモノ界での通称は九太となる。

 

(かえで)

声:広瀬すず

渋谷にある進学校に通う女子高校生。

青年期の九太と図書館で出会い、九太に勉強と新しい世界を教えることになる。

 

 

多々良(たたら)

声:大泉洋

猿に似たバケモノ。熊徹の悪友。

クールで口が悪い。

熊徹が人間の弟子を迎えた件については否定的。

 

百秋坊(ひゃくしゅうぼう)

声:リリー・フランキー

豚の顔をしたバケモノ。

理知的で人当たりが良い。

九太の良き理解者となる。

 

宗師(そうし)

声:津川雅彦

ウサギに似たバケモノで

渋天街に暮らす10万に及ぶバケモノをまとめてきた長老。

引退・神格化するにあたり、次期宗師にふさわしい者を探している。

 

猪王山(いおうぜん)

声:山路和弘

武道・品格の両方において、その力を誰もが認めるイノシシに似たバケモノ。

大勢の弟子を持ち、時期宗師候補最有力者。

熊徹のライバルで、一郎彦・二郎丸という2人の息子がいる。

 

一郎彦(いちろうひこ)

声:黒木華(少年期)・宮野真守(青年期)

猪王山の長男。

父親のような強さと品格を併せ持つ、立派な剣士になることを夢見ている。

物を念力で動かす能力を持っている。

 

二郎丸(じろうまる)

声:大野百花(少年期)・山口勝平(青年期)

猪王山の次男。

強い父と兄を自慢に思っている。

おおらかで無類の食いしん坊。

九太の親友となる。

 

チコ

声:諸星すみれ

白い毛に覆われたモコモコした謎の小動物。

渋谷の街で九太と出会って以来、一緒に行動するようになる。

 

九太の父

声:長塚圭史

九太の母親と離婚し、親権は母親に譲ったため、

九太とは離れて暮らしている。

 

九太の母

声:麻生久美子

九太の父親と離婚し、女手一人で九太を育てていた。

事故に遭ってしまい帰らぬ人となる。

【スポンサーリンク】

 

映画「バケモノの子』ネタバレあらすじ前編

人間界、渋谷…

1人の少年が行く当てもなく街をさまよっていた。

少年の名前は蓮、9歳だ。

 

両親が離婚した後、母親に引き取られた蓮だったが、

母親が不慮の事故で他界、親戚に引き取られるも居心地が悪く家出してきたのだ。

 

と言っても、父親の居場所も知らない蓮には行く当てもない。

さまよううちにいつしか蓮は人間界の境界を越え、バケモノの世界、渋天街に足を踏み入れていた。

 

バケモノ界は人間界と神界のちょうど間に位置しており、

バケモノ界の頂点・宗師になった者から順番に神に転生するのだという。

 

そんなバケモノ界で蓮は熊に似たバケモノである熊徹に出会った。

時期宗氏を目指していた熊徹は、

その粗暴な性格から弟子を得ることができず、困っていた。

弟子がいることが宗師の絶対条件なのだ。

 

そんな折、偶然人間の子供を見つけ、熊徹は一方的に蓮を弟子にすることに決めてしまった。

そして、警戒した蓮が名前を明かさないので、勝手に九太と名付けてしまったのだった。

 

熊徹が人間の子供を弟子にしたことに関して、周囲は猛反対。

その理由は2つ。

 

1つめは人間は弱い生き物であるために心に闇を宿し、

その闇が皆にとって災いとなるためであった。

 

2つめは熊徹の生い立ちにあった。

天涯孤独に育ち、独学で武術を学んだ熊徹。

親や師匠から学んだ経験がない熊徹には、

他人に何かを与えることなどできないという周囲の推測だった。

 

過去にもそのぶっきらぼうな性格から半日以上師弟関係がもったためしもなかった。

 

自分の宗師になるという都合のために九太を弟子にした熊徹と、

一方的な熊徹に反発する九太だったが、

お互いに少しずつ心を通わせることになる。

 

九太を育てることが自らを育てることにつながったのか、

粗暴な熊徹にも変化が現れる。

 

熊徹が目指すバケモノ界の頂点・宗師にはもう1人強力なライバルがいて、

いつももう一歩のところで敗れていた。

それが文武両道で人々からの信頼も厚い猪大山だった。

 

猪大山には2人の息子がいて、長男の方は九太と同じように人間の子供だった。

渋谷の街に捨てられていたのをかわいそうに思った猪大山が

人間であることは本人にも周囲にも隠して育てていたのだ。

 

長男の一郎彦は父親に似て優秀な剣の使い手だったが、

その容姿から自分が人間であることには気づいていた。

そして、それが強烈なコンプレックスとなり、次第に一郎彦の心の中に闇が生まれていくことになる…

 
次ページの

映画「バケモノの子』ネタバレあらすじ後編に続きます!

【スポンサーリンク】
ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る