現役女優殺人事件 毛利郁子 不倫愛人殺害までの壮絶半生!乳児連れ去り・不倫男が最悪だった


2015年7月10日(金)よる7時からの「爆報!THEフライデー」は

【あの美女は今…転身SP】です!

 

過去の放送で大反響だった「名前の出せない芸能界事件簿第4弾」も放送されます。

 

日本芸能史上初!現役女優が犯した殺人事件

泥沼の不倫劇の末に愛人を殺害した女優…彼女は殺人を犯してしまったのか? 

さらに殺人罪で懲役わずか5年という軽い刑罰…その裏には意外な事実が!

ということで、今回クローズアップされるのは、

現役女優・毛利郁子さんが犯してしまった不倫愛人殺人事件です。

 

殺人という重罪にもかかわらず、懲役わずか5年という判決には、

亡くなった愛人男性、男性の正妻、

俳優・勝新太郎さんなどさまざまな人物の想いが絡んでいました。

 

日本芸能人初となる現役女優・毛利郁子さんが犯してしまった殺人事件と

そこに至るまでの壮絶すぎる半生、

懲役わずか5年という判決が出るまでの詳細について調べてみました。
 
 
 
 

現役女優が不倫愛人殺人事件を起こすまで 毛利郁子のヤクザ絡みの生い立ちが壮絶…【爆報!THEフライデー】

 

女優・毛利郁子さんは1933年4月25日、高知県の呉服商の家に生まれました。

 

地元の高校を卒業する頃には、

身長160㎝・体重50㎏、スリーサイズはB92・W52・H96と

当時ではかなり日本人離れした体型に成長し、かなり目立った存在だったようです。

 

高校卒業後、家業の手伝いをしていた毛利郁子さんは、

田舎に居てはもったいないという親戚の配慮から、

大分県別府市の温泉街にある旅館のフロント係として働き始めます。

 

そして、19歳のときに「全国温泉旅館美人コンテスト」で

見事「ミス温泉」に選ばれることになりますが、

そのことが悪い意味で目をつけられるきっかけになってしまいました。

 

毛利郁子さんはその日本人離れしたスタイルと美貌から、

地元のヤクザに目をつけられてしまったのです。

 

毛利郁子さんは、半ば無理やりに関係を迫られ、その後、九州一の歓楽街である中州に連れて行かれます。

そしてクラブのホステスとして働くことを強要され、

その男に貢ぐ生活に陥ってしまうのです。

 

現状に耐えきれなくなった毛利郁子さんが助けを求めたのが、また、

地元暴力団の親分でした。

大分の男と手を切ることはできましたが、

今度は親分の2号としての生活が始まることに…

 

「姐さん」とチヤホヤされる生活を2年間続けたのちに、

このままではいけないと気づいた毛利郁子さんは断りなく単身上京し、

ちょうど新人を応募していた大映のオーディションに合格、そのまま女優となってしまったのです。

 

このあたりはすごい行動力ですよね。

女優・毛利郁子の誕生となりました。

 

当時25歳だった毛利郁子さんは自分が後発組であることをよく理解しており、

露出を多くし週刊誌のグラビアや、

「白蛇小町」「執念の蛇」「青蛇風呂」といった蛇絡みの猟奇作品に挑戦したり、

意欲的に活動していたようです。

 

この蛇シリーズの印象を利用し、実際に青大将やヤマカガシをペットとして飼い、

妖艶な女優としてのイメージ戦略としてうまく利用していきました。

101228_1614

画像:CineMatch

その後、時代劇向きであると拠点を京都に移し、

勝新太郎さん主演の「座頭市」出演も果たすなど大物女優としての道も開けてきたのですが…

 

男性関係において、九州のヤクザ時代からの不遇な歴史はまだ終わっていなかったのです…
 
 
 
 

女優・毛利郁子 出産後に姑から乳児連れ去られ破局…のちの殺人事件の被害者愛人と出会い不倫が始まる…【爆報!THEフライデー】

京都に移った女優・毛利郁子さんは共演した年上俳優と同棲生活を始め、

すぐに妊娠が発覚しました。

 

籍も入れるつもりで男児を出産します。

 

ところがこの俳優の母親が結婚に猛反対。

露出多めのグラビア時代や蛇絡みでエロティックに売り出していた頃の

イメージがまだ強かったのでしょうか、子供がかわいそうだ、と生後2ヶ月の長男を連れ去ってしまうのです。

 

結局、この俳優とは破局。

 

傷心の毛利郁子さんは女優業を続けます。

そのなかでのちの殺人事件の被害者であり不倫愛人の

水田照正さんと出会ったのは、毛利郁子さん30歳のときでした。

 

きっかけは興行師として働いていた水田照正さんに

ヘルスセンターでのショーの仕事を依頼されたことです。

 

当時33歳の水田照正さんにはすでに家庭がありましたが

このことは毛利郁子さんには黙っていたのです。

 

関係をもったあとに結婚の事実が露呈し、

それでも水田照正さんに惚れていた毛利郁子さんは以下のような契約書を水田照正さんとかわしました。

 

契約書

一、毛利郁子を内妻として、左(下)の通り誓います。

二、私はもし事故死または病死のときは、あなたの生活を生涯見ることを約します。

三、もし他の女性と関係があるときは、いかなる場合でも、いかなる手切れ金にも応じます。

四、もし出産したときは認知します。養育費も見ること。

昭和38年12月9日

毛利郁子様 水田照正

(「悪女達の昭和史」より引用)

毛利郁子さんの付き人に手を出すなど、水田照正さんはかなりの浮気性であったらしく、

そのことが露呈しても平然としているような男性だったようです。

 

そこで身を引けば良かったのかもしれませんが、

1966年、毛利郁子さんさんは水田照正さんとの子供を妊娠します。

 

毛利郁子さんはこのとき36歳。

自分の年齢や、過去に出産し奪われた男児の記憶があったのでしょう、

堕胎するよう勧める水田照正さんを無視する形で出産します。

 

その後、京都市内に一戸建てを購入し、1人で育てます。

父親の水田照正さんは契約書を無視、認知もせず養育費も入れずに、

毛利郁子さん親子には何かと理由をつけて、近寄らなかったのです。

 

そして、殺人事件が起こった1969年12月。

ふらっと毛利郁子さんと2歳になる子供のまえに現れた水田照正さんが言い放った言葉が、

毛利郁子さんに殺意を抱かせるきっかけになるのです。

 

「新しい彼氏をつくったらどうだ」という水田照正さんからの言葉を聞いた時、

初めてはっきりとした殺意を感じた、とのちに毛利郁子さん自身が語っています。

 

その6日後の1969年12月14日。

金物屋で買った2本の包丁を隠し持って、毛利郁子さんは水田照正さんに会いました。

 

兵庫県姫路市の広峰山山頂に近いパーキングエリアに車を停め、

車中では子供の認知の話になったと言います。

 

「お前、自分が産んだ子くらい自分で負えよ。」

という水田照正さんの言葉にカッとなった毛利郁子さんは包丁を取り出し、

犯行に及んだのです…
 

現役女優・毛利郁子の不倫愛人殺人事件の判決が懲役わずか5年の理由 共演者・正妻の配慮と愛人が最期に見せた償いとは!?出所後の現在…【爆報!THEフライデー】

犯行後、我に返った毛利郁子さんはすぐに車を飛び出て、

助けを求めました。

 

その後、水田照正さんは緊急搬送されますが、出血多量で帰らぬ人となり、

その瞬間、女優・毛利郁子さんは殺人者になってしまったのです。

 

現役女優が殺人を犯したケースは芸能界史上初。

あとにもさきにもこのケースのみです。

 

しかし、水田照正さんは薄れゆく意識の中で、

傷は自分がやったということをうわ言のように繰り返していたのでした。

正妻は夫の発言を受け、裁判でこのように訴えたと言います。

 

「夫が最期まで自分がやったと(郁子を)かばい続けたのは、よほど好きだったのでしょう。

夫の趣旨も組んで、どうか寛大なご処置をお願いします。」

 

そのことを耳にした毛利郁子さんはその場で号泣したそうです。

 

また勝新太郎さんを始めとする共演者と大映側も減刑嘆願書を提出。

 

一審では懲役7年を言い渡されましたが、

二審ではまだ幼い子供の年齢を配慮して減刑され、懲役5年が確定しました。

 

毛利郁子さんは和歌山刑務所にて3年間服役したのちに仮釈放されましたが、

その後芸能界に戻ることはありませんでした。

 

記者の取材により、1992年の時点ですでに夫を得て、

家庭を築いていることが確認されています。

 

現在、毛利郁子さんの様子が確認されているのはそれが最新のものとなるようです。

お元気でいらっしゃれば、2015年で82歳になりますね。

 

壮絶な半生でしたが、家族に囲まれ幸せに暮らされていることを願いたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • けい
    • 2015年 7月 10日

    なんの情状酌量の余地も無い殺人者ですね。

    TVの内容と全く違うし、一体何が減刑になったんでしょうね

      • aoi-sea
      • 2015年 7月 14日

      けいさん、コメントありがとうございます!

      おっしゃる通り、現在の感覚からはちょっと解せない量刑の様な気もします。
      テレビは見せたいようにしか、放送しませんからね…^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る