チャッピー ネタバレをラストまで!カット部分どれくらい?【チャッピー予告動画アリ】


映画「チャッピー」の公開が、2015年5月23日(土)より始まりました!

 

映画「チャッピー」の主人公であるロボット・チャッピーは人間と同じように感情があり、

成長していくという人工知能(AI)を搭載した初めてのロボットです。

 

映画「チャッピー」は、

人口知能搭載ロボット・チャッピーを巡って様々な議論や事件が起こる様子を描いたオリジナルのSF映画になります。

 

また、現在日本国内で放映中の映画「チャッピー」は日本独自の編集が入っており、

アメリカで公開されたものとは異なるという点において、賛否両論話題になりました。

 

映画「チャッピー」が日本で公開されるにあたってどの部分に、どの程度のカットが入ったのかに加え、

映画「チャッピー」の日本語予告動画、

映画「チャッピー」のネタバレを含むラストまでのあらすじをご紹介します!

【スポンサーリンク】

 

映画「チャッピー」のラストまでのネタバレの前に、予告動画と自主規制カット部分をチェック!

予告動画でもお分かりいただけると思いますが、

映画「チャッピー」の舞台は非常に治安的に悪い地域という設定になっています。

 

それゆえ、戦闘シーンも多数入り、戦いによって傷つく人間の描写も多く残酷な部分も…

実際に爆弾やミサイルでの攻撃を忠実に描写すれば、

そのダメージの受け方の表現が残酷なものになってしまうことは仕方がないのかもしれません。

 

それゆえアメリカでは年齢制限が設けられていた映画「チャッピー」ですが、

日本国内での公開に当たって、より多くの人に観てもらえるように、と編集が施されました。

 

編集が施されたのは、戦闘シーンにおける残酷な描写ということ。

残酷な部分がカットされていますが、ストーリーにおいては全く支障がないということです。

 

この映画会社の措置には賛否両論ありますが、

とくに思春期の子供が鑑賞できることになった点に関しては、

個人的には良かったのでは?と感じます。

 

ロボットとは?人間とは?命とは?というテーマを

子供たちと共有するいいきっかけになると思います。

 

子供の頃、ドラえもんの映画「のび太と鉄人兵団」や「のび太とロボット王国」を観て、

ショックを受けた、考えさせられた記憶がある人も多いのではないでしょうか?

 

映画「チャッピー」は、ロボットと人間の共存・命というテーマを考えるにあたって、

とてもよくできた映画であると個人的に感じます。

【スポンサーリンク】

 

映画「チャッピー」のラストまでのネタバレを含むあらすじ①

チャッピー シャルト・コプリー(モーションキャプチャーにて)
ディオン・ウィルソン デブ・パテル
ニンジャ ニンジャ
ヨーランディ ヨーランディ・ビッサー
ヤンキー ホセ・パブロ・カンティージョ

ときは近未来2016年。

南アフリカ共和国ヨハネスブルグでは治安が悪化し、犯罪が多発していた。

 

犯罪集団を取り締まるため、

政府は世界初の試みとしてロボット警察隊を導入することに決めた。

 

ロボット警察隊として、装甲攻撃ロボット戦隊を政府に提供するのは、

兵器メーカー、テトラ・バール社だ。
ロボットの開発者はディオン・ウィルソンで、

ディオンの開発したロボットには人工知能が搭載されていたが、

さらに高度な感情や意志を持った人工知能の開発を密かに自宅にて行っていた。

 

ときを同じくして、ディオンのライバルである元兵士のロボット技師ヴィンセント・ムーアも

新しいロボットを開発することに成功する。

 

ムーアが開発したロボットはザ・ムースと名付けられ、

ディオンの開発したロボットと大きく違う点は

人間が遠隔操作している点であった。

 

ムーアは、政府でのロボットの使用が決定したディオンをねたんでいた。

 

ディオンの開発したロボット警察隊は、

主に麻薬取引現場への急襲の際の人間警官の援護として使われていた。

 

ロボット警察隊の登場で取引を邪魔されることが多くなったギャングのボス・ヒッポは

ロボット警察隊を何とかできないものか画策、

TVでロボット警察隊の開発者ディオンを知ったヒッポは手下にディオン誘拐を命じる。

 

ギャングの手下であるヨランディ・ニンジャ・ヤンキーはディオンを誘拐、

ギャング側で働くようロボット警察隊をプログラミングしなおすことを要求する。

 

殺されそうになりながらあることを閃いたディオンは、

間に合わせの部品とスクラップ同然のロボットで新型ロボットを完成させた。

 

人間と同じような感情を持ち、

学習し成長する世界で1つの人口知能搭載のロボット「チャッピー」だ。

 

ヨランディとヤンキーがチャッピーに言葉教え、かわいがる傍ら、
ニンジャは莫大な借金に頭を悩ませていた…

 

ボスのヒッポへの借金2億円の返済期限が数日中に迫っていたのだ。

ニンジャはチャッピーを強盗に悪用することを思いついたが、
チャッピーの寿命は5日…時間がない…

映画「チャッピー」のラストまでのネタバレを含むあらすじ②

ギャングのアジトにチャッピーの様子を見に来たディオンは、

チャッピーが悪用されそうになっていることを知り、

何が悪いことなのか、悪事は働いてはいけないことを教える。

 

一方、強盗計画を何としてでも遂行したいニンジャは、

死んでしまったあるこ犬を介抱するチャッピーをみて、あることを思いつく。

 

チャッピーのバッテリーには限りがあること、

バッテリーが尽きれば犬同様に死んでしまうこと、

死なないようにするためには新しい身体が必要でお金がいること

をニンジャはチャッピーに吹き込み、強盗に加担させることに成功した。

 

やがて、チャッピーの働く悪事がメディアで放送されるようになり、

住民の不安が高まることに…

そして、チャッピーの抹殺指令が出ることになり、

チャッピー討伐にムーアが操縦するザ・ムースが出撃した。

 

ギャングのアジトはザ・ムースによって襲撃され、

ヤンキー、ヨランダが殺害されてしまった。

偶然その場に居合わせたディオンも重傷を負ってしまった。

仲間を傷つけられ、ママと呼んで慕っていたヨランディを殺害された

チャッピーの怒りの感情が爆発する。

 

ザ・ムーアを破壊することに成功したチャッピーは

瀕死のディオンを連れ、テトラ・バール社の研究室に向かった。

 

そこにはムーアが待ち受けていた。

壮絶な戦いを経てムーアを倒したチャッピーは瀕死のディオンはもう助からないと判断し、

研究室にあったテストロボットにディオンの意識を移す。

 

そうしている間にも、今度はチャッピーにバッテリー切れが迫っていた。

ロボットとして生まれ変わったディオンはチャッピーの意識を別のロボットのボディに移し、

チャッピーも新しい身体を得て、生まれ変わった。

 

その頃生き残ったニンジャは、

以前チャッピーがパソコンとPS4を組み合わせてつくったスーパーコンピューターの内部に

当時試験的に入力していたヨランディの意識のバックアップの存在に気づく。

 

チャッピーはテトラバール社のロボット製造工場をハッキングし、
ヨランディそっくりのロボットを作り、ヨランディの意識を移した。

 

ロボットに生まれ変わったヨランディとディオン、

そしてチャッピーの新しい生活が始まる…

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る