風呂場のカビで病気に!除カビ剤NGな使い方 風呂場の〇〇に注意!

a1620_000782

カビの季節が今年もやってきましたね。

 

5月16日(土)よる7時56分からの「世界一受けたい授業」では、

梅雨に忍び寄るカビ汚染!」として、
人体を襲う危険なカビが紹介されます。

 

家のホコリ1グラムになんと100万個のカビが存在すると言われ、

深刻な病気の原因となる可能性があることをご存知でしたか?

 

家庭の中で最もカビの温床となりやすいところと言えば、お風呂場ですね。

カビが目視できる状態になった時点で、

すでにカビは大量の胞子をだしていると言います。

 

締め切ったお風呂場の空間のなかでのことです。

怖いですね…

 

カビの胞子を吸い込むことが原因となって起こる病気、

アスペルスギルス症肺炎と、

お風呂場のカビ掃除で知っておきたい除カビ剤の意外な使い方

お風呂場で注意したいある部分についてご紹介します。

【スポンサーリンク】

 

カビが原因で病気に!その咳はお風呂場を始めとする空気中のカビが原因かも…

カビの胞子を吸い込むことが原因となって起こる病気が、

アスペルギルス症肺炎です。

 

アスペルギルス属のカビ胞子はわたしたちの生活環境中に広く存在します。

あまり気持ちの良いことではありませんが、

ほとんどの人が無意識にアスペルギルス属のカビ胞子を吸い込んでるのだとか…

 

このカビ胞子を吸い込んだとき問題となるのが、

抵抗力の弱い乳幼児、お年寄り、免疫力が弱っている人などです。

 

その症状の進行は速く全身に感染するため、

さまざまな症状が出ると言われています。

 

最も一般的なこの病気の初期症状は、微熱

 

風邪の症状と酷使しているため、

医師でも見逃してしまうケースがあるようです。

 

そのため、病気の発見が遅れる場合もあり、

その場合の致死率は非常に高いのだとか…

 

梅雨の季節から夏場にかけて、

咳や微熱が長引く場合は

アスペルギルス症肺炎を疑ってみてもいいのかもしれません。

 

エアコンや押し入れの中を始め、

家庭の広い範囲に存在するアスペルギルス属のカビですが、

カビ胞子の濃度が最も高くなると思われる場所のひとつがお風呂場ですね。

【スポンサーリンク】

 

お風呂場のカビを賢く撃退!除カビ剤の直接噴射を避けた方がいい理由とは

お風呂場のカビ掃除と聞いて、1番に思い出すのが、

カビとり剤・除カビ剤を使ってのお風呂掃除ですね。

 

でも実は、この除カビ剤、

直接お風呂場の壁などに噴射するのはNGだということ、ご存知でしたか?

 

その理由は大きく分けて2つあります。

 

まず、ウイルスなどと同様にカビにも耐性というものが存在します。

お風呂場は特にカビが大量発生しやすい場所なので、

たびたび除カビ剤をつかって掃除する方が多いと思いますが、

その作業を繰り返すうち、

カビの中に除カビ剤に対して耐性を持つ耐性菌が生まれることがあります。

 

そうなると、今まで使っていた除カビ剤が

きかなくなってしまうことも…

 

耐性菌のカビをつくらないためにも、

除カビ剤は薄めてつかうのがいいようです。

 

また、除カビ剤の直接噴射がNGなもう一つの理由は、

カビ自体が乾いていると除カビ剤の効果が充分に発揮できません。

必ず1度カビを水で濡らし、活性化させてから除カビ剤をつかいましょう。

お風呂場のカビを賢く撃退!1番気にすべきお風呂場のある箇所って??

お風呂場のカビ掃除をするとき、

掃除後カビの再発生を食い止めるとき、

1番注意すべきお風呂場のある箇所があります。

 

それはお風呂場の天井です。

 

お風呂場の天井は手が届きにくいこともあり、

カビが残っている可能性があります。

また舞い上がったカビの胞子が水蒸気に乗って付着しやすい場所でもあります。

 

そこに入浴のたびに水滴がつくと……

瞬く間にカビの温床となってしまううえに、

カビの胞子が天井からまき散らされるという最悪の事態に。

 

以上のポイントを踏まえて、お風呂のカビ掃除をまとめてみます。

 

●カビ掃除の前に一度お風呂場全体に水をかけ、カビを活性化させておく。

市販の除カビ剤は3倍に薄める。噴射した後こすると、

カビ菌を塗りこむことになるので、シャワーで流すだけにする

(以上を2~3回繰り返す。)

最後に市販の除カビ剤を2倍に薄めたものをかけ、数時間放置(可能であれば一晩)。

水で流した後は乾いたタオルで水気をふく。

●入浴後はワイパーなどで、お風呂場の天井の水滴をとっておくと、

カビ防止に効果的。

 

塩素による健康被害の報告もあるので、

以上の工程を数日かけてやるといいかもしれませんね。
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る