台風進路予想より実用的!飛行機欠航・休校を予測する方法は?


台風の季節になりました。

 

各地で交通の乱れ・休校などが心配ですね。

 

飛行機の欠航・休校を予測するにあたって、

台風の進路予想図よりも実用的な

各地域別に台風の影響の目安が分かる「暴風域に入る確率」と、

 

飛行機の欠航・休校の目安を調べてみました。

【スポンサーリンク】

 

2015年台風の進路予想が大きく影響する飛行機の欠航と休校の目安は?

飛行機の欠航と休校の基準について解説していきます。

 

まず飛行機の台風による欠航が決まる原因

によるものであることがほとんどです。

 

飛行機の運航にとって雨が妨げになることは通常あまりなく、

問題はどのくらい強い風が吹いているかということになります。

 

というのは、飛行機は横風にとても弱く、

強風の中では離着陸を安全に行うことができないそうです。

 

またどれくらいの強さの風に対応できるのかは、

航空会社・機種によって異なるので同じ空港でも飛ぶ便と飛ばない便とが出てきます。

 

次に休校が決定する基準についてです。

 

これは学校が所在する地域の地形などによって危険度が変わってくるため、

公立の学校の場合は、各地の教育委員会によって休校が決定する基準は違います。

 

とはいっても、それほど大きな違いはなく、

大雨警報と暴風警報の組み合わせで休校が決定する場合がほとんどです。

 

また少々ややこしいことに、

地域によって大雨警報・暴風警報が出る基準となる雨量と風速は違います。

 

これも、対象の地域が位置する地形によって

危険度が変わってくるためなのですが、

だいたい1時間当たりの雨量が60㎜前後で大雨警報が発令され、

風速が20~25m/s以上になると暴風警報が発令される傾向にあります。

 

飛行機の欠航と休校の共通キーワードは暴風警報ですね。

 

今現在、日本列島に接近している台風6号の強さは

最大風速で区別されたランクでは「非常に強い台風」。

その最大風速は50 m/sと発表されています。

 

飛行機の欠航と休校を予測するにあたって、

暴風警報がいつ発表されるかを予測することが重要となってきます。

 

実は、2015年の台風6号の進路予想図よりも、

「72時間以内に暴風域に入る確率」が地域別に分かる実用的なものがありました。

【スポンサーリンク】

 

2015年台風の進路予想図よりも実用的!飛行機の欠航と休校を予測できる方法とは?

台風による飛行機の欠航と休校を予測するにあたって、

2015年の台風6号の進路予想図よりも、実用的につかえるのが、

気象庁が発表している暴風域に入る確率(地域ごと時間変化)です。

 

気象庁のHPトップページから、防災情報→台風情報の順で見ることができます。

 

見本がこちら。

1506

ちなみにこれは2015年5月10日15時から72時間以内に

暴風域に入る可能性のある地域が黄色であらわされています。

 

さらに見たい地域をクリックすると、

3~72時間の間で暴風域に入る可能性が0~100%の間で

詳しく表示されます。

 

飛行機の欠航と休校の予測に役立ちそうですね。

 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

snowflakes-1236245_640

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る