サムスミス声帯手術!病名は声帯ポリープか喉頭がんとの違いは?

a1180_009326

イギリスのシンガーソングライターのサムスミスさんが、

かねてより不調のあった声帯の手術を受けることをインスタグラムで発表しました。

 

サムスミスさんは声枯れ・声帯からの出血があったことから、

オーストラリアの公演の一部をキャンセル、

 

その後も改善が見られなかったため、あとに控えていた来日公演も

中止となりました。

 

来週に手術を控えているサムスミスさんですが、

正式な病名は発表されていません。

 

サムスミスさんにみられた声枯れ・声帯からの出血という症状を

伴う病気、声帯ポリープと、

同様の症状を伴う病名、咽頭がんについて、

 

また声帯ポリープと咽頭がんの違いについて調べてみました。

サムスミス声帯手術する意向を発表(全文)!その病名は??

 

5月7日(水)、サムスミスさんはかねてから不調の続いていた声帯の調子が

快方へ向かっていないことと、

来週、声帯を手術することが決定した旨をインスタグラムで発表しました。

「親愛なる皆様

この10日間、声帯が良くなるよう努力してきたけど、
残念なことに回復せず、手術が必要になった。

パフォーマンスする予定だった公演やイベントが全て台無しになり、
すごくショックだ。

医者には6~8週間で元に戻ると言われている。早くみんなのために歌いたい」

以上のファンに向けたメッセージの他に、

追加でサムスミスさんは以下のコメントも発表しました。

悪い知らせだ。来週、手術の予約を入れた。

本当に緊張している。

でも、これをやれば、8週間後これまで以上に歌うことができるようになる。

だから、その価値はある。

みんなに申し訳なく思っている。

来月のことは怖いけど。手術の後3週間話せないんだ

サムスミスさんは先週5日、渡米。

アメリカにいる専門医のもとを訪ね、声帯の検査を受けたといいます。

 

結果、手術が必要との診断を受け、来週に手術の予定です。

その後、5月いっぱいは全く声を出せない状態とのこと。

 

5月が明け、6月になったときの恐怖を、

「来月のことは怖いけど…」と表現されています。

 

歌手であるサムスミスさんの命ともいえる声ですが、

声帯にメスを入れて、

はたしてあの繊細な声が損なわれることはないのでしょうか?

 

サムスミスさんが恐怖を感じる理由も納得できますね…

 

この発表でも、声帯に不調を抱えるサムスミスさんの

正式な病名については触れられてません。

 

一体サムスミスさんの正式な病名は何なのでしょうか?
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

声帯から出血で手術を受けるサムスミスの病名は?声帯ポリープ??

サムスミスさんが抱えている声帯の不調、

声枯れ・声帯からの出血の症状がでる病名に声帯ポリープというものがあります。

 

声帯ポリープは声帯に生じる腫瘤でこぶのようなものです。

自覚症状として、声枯れ・発生した時の違和感があり、

腫瘤がやぶれると出血することも…

 

声帯ポリープの原因は声帯の酷使です。

サムスミスさんのような歌手、学校の先生、

部活動で常に声を張っている生徒などに多い病気のようです。

 

声帯の酷使により声帯に内出血が生じ、

それが大きくなったものがポリープ化するのです。

 

声帯ポリープは声帯を休ませることで自然消失することもあるため、

通常投薬と休養で様子を見ることが第一選択のよう。

 

それでも回復がみられない時に、

今回のサムスミスさんのように手術でポリープを切除することになります。

 

手術後の沈黙期間は通常1週間程度のようですが、

今回のサムスミスさんの沈黙期間は3週間とずいぶん長いようです。

 

ポリープ大きさが関係するのか、

医師による診断の違いなのかは不明ですが、

事態が深刻でなければいいなと思います…

 

なお、この声帯ポリープという病気の症状は、

喉頭がんの症状に酷使しているようです。

 

喉頭がんと言えば、

つんく♂さんが声帯がんで声帯全摘出、が記憶に新しいですね…
 
 

【スポンサーリンク】

 
 

サムスミス手術の病名は声帯ポリープ?喉頭がんとの違いは??

 

過去に中村玉緒さんが声帯ポリープの切除手術を受けたことがあります。

喉頭がんではないか?と非常に怖かった…

と当時を振り返って語っておられました。

 

事実、声帯に腫瘤が出来るという点においては、

声帯ポリープの喉頭がんも一緒です。

 

問題はその腫瘤が良性悪性かということになるかと思います。

 

声帯ポリープと喉頭癌をどう見分けるのかという話をしたいと思います。

まず、最初に出てくる症状ですが、

声帯ポリープでも喉頭癌でも嗄声(させい:いわゆるかすれ声)です。

従って自分や周りの人間は、声がおかしいので声帯に何かあるんじゃないかとまでは、

想像することは可能でしょうが、ポリープか癌かまではわからないでしょう。

検査ですが、耳鼻科では嗄声の患者さんには「喉頭ファイバー検査」というものを行います。

簡単に言えば胃カメラのミニチュア版といったところでしょうか。

直径3〜4 mmのくねくねと曲がる管でノドの奥の声帯を見るわけです。

これでほとんど診断がつきますが、まれにポリープか癌か迷うものがあります。

その場合は組織検査を行います。

組織検査とは病変部の組織を一部(時には全部)採取して、

顕微鏡でみる訳ですが、ここまでやれば、ほとんど間違いなく診断がつきます。

やはり、声帯ポリープと喉頭がんは

見分けが非常につきにくいようですね。

 

サムスミスさんは声帯の専門医に診てもらうために、

渡米までしたそうですから、おそらく名医なのでしょう。

 

手術は問題なく行われると思いますが、

正式な病名が発表されないことで、

サムスミスさんは喉頭がんではないのか?

と心配してしまうかたは少なくないと思います。

 

現在のところ、サムスミスさんは7月3日に

UKサフォークで開かれる公演でステージに復帰する予定です。

 

これをやれば、8週間後これまで以上に歌うことができるようになる。

と、サムスミスさんが言っているように、

この言葉を信じて、サムスミスさんの復帰を祈りたいですね!
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
ページ上部へ戻る