斉藤里恵の嘘嘘嘘!子供(5歳)との会話は?筆談しないホステスだった!

Pocket

【楽天】筆談ホステス母になる [ 斉藤里恵 ]

筆談ホステスとして知られる斉藤里恵さん(31)が、

26日投開票の東京都北区議選で

トップ当選したようですね。

政治家らしからぬ経歴を持っていることに加え、

筆談ホステスという肩書のインパクトが大きいですよね。

しかし、斉藤里恵さんにはある疑惑があることご存知でしたか?

斉藤里恵さんの嘘嘘嘘の3連発と、

5歳の子供、栄万(えま)ちゃんについてお伝えします。

斉藤里恵さんの嘘①銀座トップクラスのホステスではなかった…

1984年2月3日生。青森県出身。髄膜炎の後遺症で1歳10カ月で聴力を完全に失う。接客業の楽しさに目覚め19歳で水商売の道に進む。東京銀座の高級クラブで筆談ホステスとして人気ナンバーワンとなる。2009年青森市の観光大使に就任。同年『筆談ホステス』『筆談ホステス~愛の言葉』(光文社)および同書コミックス版は累計50万部突破のベストセラー。10年ハワイで第一子となる女の子を出産。

斉藤里恵さんは高校を中退されています。

水商売の世界に入る前は洋品店で働かれていたようですね。

今でいうショップ店員みたいな感じですね。

しかもそこで働くようになったいきさつが、

その勤務先のショップで

万引きしようとしているところを発見され、

親切なオーナーに拾われたというので、なんだかスゴイ話です。

その後、エステ店に転職するも、

客に高額なコースを契約させて搾り取るという商法に疑問を感じ、

地元青森のスナックに転職。

水商売も似たような感じなので、

「客に高額なコースを契約させて搾り取るという商法に疑問を感じ」

水商売に行くのか逆に疑問な気もしますが、

まぁ置いておきましょう。

青森のスナックを経て、上京するも、

やはり斉藤里恵さんの障害もあり、

雇ってくれるお店はなかなか見つからなかったようです。

青森時代の客に口をきいてもらい、

銀座のクラブMで、勤務し始めます。

筆談ホステスとしてにわかに話題にはなりましたが、

お店ではなかなか難しいこともあり、ヘルプ的な立場だったようですね。

斉藤里恵さんが働いていた店のオーナーが

斉藤里恵さんはとてもではないが銀座トップとは

言えなかったことを週刊誌に告白しています。

銀座のトップクラスのホステスの年収が

2000~2500万円と言われているのに対し、

斉藤里恵さんの年収は600万円くらいだったそう。

出版やドラマ化にあったって、

銀座トップという肩書をねつ造したのだと思われます。

【スポンサーリンク】

 

斉藤里恵の嘘②聞こえる・話せる…

これは誤解している方が多いのですが、

斉藤里恵さんは耳が完全に聞こえない

筆談でしかコミュニケーションをとれない

わけではないです。

「張力を完全に失う」とプロフィールにはありますが、

補聴器をつければある程度の音は聞こえるようです。

私だけ両胸と耳に補聴器をつけている、それが恥ずかしいと感じたのです。

と斉藤里恵さんは子供の頃の話を語っているので、

現在も公の場では補聴器をつけてないかもしれませんね。

とは言っても、何を話しているのかまではもちろん聞き取れないので、

読唇術を使うのだそうです。

また、すらすらとは言えませんが、

実際に今回の選挙でも斉藤里恵さん自ら

街頭演説をしてらっしゃいます。

流ちょうに話すのは難しいが、「自らの言葉で伝えたい」と希望。
「皆さん、今日はありがとうございます。今日から、自分の思いを皆さんに伝えられるように、頑張ってまいります。よろしくお願いします」

しかし、3月の決起大会では筆談でした…

リポーターが質問を書いた紙を見せ、

斉藤里恵さんが自らのメモに答えを書き、

リポーターが読み上げるという内容のもの。

時間がかかるんですよね…

時間の制限がもちろんあるので、非常に慌ただしい印象でした。

読唇術を使うなり、

質問を先にもらっておき、前もって回答を紙面に表しておくなり、

なぜしないんだろうか?と感じました。

やはり、筆談の様子をを有権者に見せたかったようですね。

【スポンサーリンク】

 

斉藤里恵の嘘③普段は筆談しない…

先ほど触れたように、

斉藤里恵さんは日常的に筆談を必要しなければ

コミュニケーションを全くとれないわけではないのです。

文字の読み書きのできない5歳の子供とはもちろん筆談なんかしません。

耳が聴こえるママがいいよね? ごめんね、って言ったら、『わたし耳が聴こえないママがいい! だってエマだけのママだからね!』と言われて、思わず泣いてしまいました。

恐らく込み入った会話は難しいでしょうが、

幼児とかわす程度の日常的な会話であれば、

できるようですね。

また、銀座のホステス時代も、

本を見て来る客がいたようですが、

斉藤里恵さんが筆談をしないので、

期待外れだったのか、特に出版後客が増加したこともなかったようです。

そういう経験もあって、筆談をする斉藤里恵

を要所要所でだしてくるのかもしれません。

要するに、期待に応えているんですね。

でも、そのイメージをつくったのは斉藤里恵さんと

おそらく出版社の売り出し方ですし、

何だかなぁ…という気もしないことはないですね。

とりあえず、当選したからには、

国のために頑張ってもらいたいです!

最近の女性議員は

いろいろ問題がある方が多いですから…
 

【スポンサーリンク】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

    • いの
    • 2015年 5月 27日

    頑張ってもらいたいんですが、彼女がまともに多額の税金を当てた分だけ役割を果たしてくれるのかは、極めて疑問ですね。

    耳が不自由でシングルマザーというだけで、子育ても普通の主婦より何倍も大変なのに、公のために尽くせる余力がどれだけ残っているのか。実家も遠いみたいで親の助けも借りられないでしょうし。
    しかも、政治、行政について一所懸命勉強してきた経歴も見えないし、昔グレてたとか見るからにアホみたいなヤンキー時代の写真まで公開してドラマ仕立てにアピールしているが、こういう人が人並みのスピードで本や書類を読めるのかすら、疑わざるを得ない。一般の聴覚障害者ですら読書スピードが遅いという情報もあるし、訓練をつんでなさそうな彼女がどうやって、多くの深い情報を仕入れて、市民のために深く考えられるのか。

    いや、彼女を徹底的に否定してるのではなく、多額の税金を使うんだから、もっと役に立てる人が他にいくらでもいたんじゃないの?ってことが一番言いたい。
    つまり、区民・市民はあいかわらずどうしようもないアホだと言うこと。ドラマ仕立てに乗せられ、美人だからと優遇し、かわいそうだと偽善心をあらわにする。「障がい者の気持ちで政治ができる」!? だったら、多くの障がい者の意見を適切に汲み取って働ける有能な政治家の方がだんぜんいい。

    本人もやはり、こういう嘘をついてまで税金と地位を取りにいく、というのは解せないですね。

      • aoi-sea
      • 2015年 5月 28日

      いのさん

      コメントいただきありがとうございます。

      いのさんが斉藤里恵さんを全否定されてるわけではないこと、
      理解致します。

      確かにおっしゃる通り、
      特に感情豊かである女性はこういったドラマチックな半生に共感できる能力を持っているからこそ、
      斉藤里恵さんの「演出」に疑いを持たない傾向があるかもしれませんね。
      そういった層の票を獲得することで、
      比較的簡単に政治家になれた方って他にもたくさんいますよね。

      斉藤里恵さんの学歴・経歴は決して政治家に向いているとは言い難いですが、
      そういった人間がどういった政治をしていくのか、
      見守るしかないのが現状ですね…

      モヤモヤしたものは残りますが!

    • ママ
    • 2016年 2月 09日

    お子さまは
    有名小学校の姉妹園へ編入されたそうです。
    その小学校の受験のためでしょうか?
    送り迎えはシッターさん任せです。
    お子さまも、全くしつけられていない感じです。
    経歴にもモラルは感じられませんし、
    このような方が、色々発言なさっていることに非常に嫌悪感を感じています。
    まずは、自分のお子さまをきちんと見ていただきたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る